安全対策についてのお約束

お客様に安心してバスにご乗車いただくため、平素より徹底した安全管理に取り組んでいます。
運輸事業を営む者の最大の責務である「安全」を守り抜くため、ひとつひとつの業務に真摯に取り組み、改善を繰り返すことで、更なる輸送の安全性の向上に努めてまいります。

飲酒運転防止について

厳正な点呼執行により飲酒検知、免許証確認、健康確認を行い安全運行を実現しています。徹底したアルコールチェックを実施しています。
また、小さな異常も見逃さないよう始業・中間点検を欠かしません。

乗務員の健康管理について

乗務員への健康指導を実施しています。また、保健師並びに産業医による身心の健康相談や外部講師による健康レクチャー等の実施により、
乗務員の健康管理のサポート体制の強化を図っています。

安全管理体制について

安全管理体制を構築し、全役職員が一丸となって安全そして快適な輸送の確保に取り組みます。また、安全方針や運輸安全マネジメント、
接遇・異常時等の対応マニュアルを記載した乗務員手帳を全乗務員に配布し、常時携行することで、ひとりひとりの安全意識の向上を図っています。

緊急時について

万が一の事態に備え、救命救急講習の継続的な実施と異常時実践訓練(バスジャック、車両火災、交通事故を想定)を実施し、
全運転士・バスガイドが、緊急時に速やかな対応が出来るよう日々の訓練を欠かしません。

乗務員教育について

安全に関する教育・研修を年間計画に基づき実施し、輸送の安全確保に努めます。
経営トップ及び管理部署による職場視察や無事故運転士を表彰するなどの各種表彰制度の導入により、安全意識向上のための取り組みを行っています。